遺品整理はいつ始めるのか|【遺品整理】プロの業者に任せて気持ちの整理をしよう|遺品整理net

遺品整理の時期が決まったら業者を探そう!

遺品整理はいつ始めるのか

ダンボール

気持ちの整理がついてからでOK

突然の不幸が起きた時に、誰もが心の整理がついていない状態だと言えます。結果として、遺品整理を何日までに終わらせていないといけないという決まりはありません。そのため、遺族の気持ちが落ち着いてから遺品整理を行なって良いとされています。

目安となる時期を決めたい

自分の気持ちが整うことも大事だけど、遺品整理はいつかはスタートさせないといけないものです。そんな時に遺品整理を行う目安として、四十九日を目処にしてスタートさせると良いでしょう。

期限がある場合もあり

いつまでに行なわなければならないという決まりはないとお伝えしましたが、亡くなられた方が賃貸住宅に住んでいた場合には退去の期限が発生します。そのため、期限を守って遺品整理を行うことになります。短い期間内で作業が不可能な時には、神戸にあるような遺品整理を担っている業者の力を借りてみるのも良いでしょう。

リサイクル法の違い

ペットボトルや缶

ペットボトルや缶など、いわゆる家庭ごみと呼ばれるものは、実はリサイクルにとっても有効な存在なのです。その他も多くリサイクル出来るものが存在しますので、リサイクル資源となるものを業者に引き取ってもらい有効活用していくと良いですね。

家電

一般家庭の何処にでもある家電の洗濯機や冷蔵庫などは家電リサイクル法と呼ばれるものの対象となります。遺品整理の際にも片付けが必要な物だと思います。そのため、購入時の販売店に引き取りを依頼して、きちんとリサイクルしましょう。

遺品整理の依頼流れ

予約や相談の電話を入れる

遺品整理を業者に依頼する上で、わからないことや問い合わせしたい内容があればまずは電話で問い合わせからスタートさせましょう。業者によっては、電話での予約対応の所もあります。

見積もり依頼をする

今では遺品整理業者のホームページから、見積もり依頼をメールで行うことも可能です。細かな情報を入力して見積もりを依頼しましょう。

料金算出の過程

見積もり依頼にて、料金の算出を業者側が出す作業に入ります。遺品である荷物の量や供養する遺品を元に料金が算出されて、見積もり料金として確定します。

見積もり金額を確認

見積もり料金が業者側で決定されたら、依頼者側に見積もり料金が提示されます。料金内容をきちんと目を通して、納得したら契約手続きを行います。

日にちを決定して作業開始

事前に遺品整理作業開始のスケジュールを決めます。打ち合わせ内容に合わせて作業を進めていくので、その際に依頼したいことを相談しておきましょう。そして日程通りに作業が開始されます。

広告募集中